憂歌団

内田勘太郎のスライドギター、木村秀勝の「天使のダミ声」。何とも言えない絶妙のバランスが魅力です。

  • "憂歌団" TDK(TDCD-1041)
    ご存じ憂歌団のファーストアルバム。音は若干荒いのですが、パワーを感じさせてくれます。内田勘太郎のスライドギター、「天使のダミ声」も健在。
  • "Blues" TDK(TDCD-1031)
    様々なBluesを集めたアルバム。憂歌団のルーツといったところでしょうか。
  • "生聞59分" TDK(TDCD-1043)
    憂歌団のパワフルなライブアルバム。「君といつまでも」も憂歌団にかかると…。
  • "Acoustic Selection" For Life(FLCF-3546)
    83年から85年にかけてリリースされたアルバムからアコースティック・ナンバーをセレクトしたアルバム。
  • "流行歌(HAYARIUTA)" 東芝EMI(TOCT-9943)
    憂歌団のボーカル木村秀勝のソロアルバム。ジャンルを超えていますが、昔の流行歌の幅の広さを思い知らされます。
  • "Good Time's Rollin'" For Life(FLCF-30080)
    かつての憂歌団独特の雰囲気が和らいで、アルバムとしてはまとまったものになっています。アクの強さを期待すると裏切られるかも…
  • "Tears In Heaven" ComCS Music(JSM-00002)
    Jeff Sato(良く知らないのですけど)と内田勘太郎にピアノを加えてクラプトンの曲を集めた1枚。多少荒削りなところもありますが、面白い試みではありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です