Ragtime Guitar

オムニバス形式のラグタイムギターアルバムを紹介します。これはKicking Mule(Stefan Grossmanのレーベル)から出ていたものでしょう。

  • "The Entertainer" Shanachie(98015/16)
    ラグタイムといえばScott Joplinですが、これは彼の作品ばかりを集めたアルバムです。プレイヤーはTon Van BergeykやDuck Baker、Dick Fegyといった面々で、それぞれのアプローチを楽しめます。
  • "Black Melodies on a Clear Afternoon" Shanachie(98011/12)
    このアルバムはかつての"How to Play Ragtime Guitar"とKicking Muleから出ていた様々なラグタイムギターのアルバムからの抜粋のようです。Ton Van Bergeykの"Silver Swan Rag"は絶品!
  • "Ragtime Guitar : Ten Classic Rags" EasyDisc(ED CD 7026)
    David LaibmanによるScott Joplin、Joseph Lambのクラシック・ラグ10曲を収めたアルバム。"The Entertainer"や"Black Melodies on a Clear Afternoon"でのアプローチと聴き比べてみるのも面白い。
  • "Ragtime Blues Guitar" Document(DOCD-5062)
    オーストリアでリリースされた1927年?1930年のラグタイム・ブルースの演奏を集めたオムニバスアルバム。Blind Blakeの未収録曲(1曲だけしかないのが残念)やあまり知られていないプレーヤーが含まれています。
  • "Finger Picking Rags&Other Delights" Kicking Mule(KMCD-3904-2,KM-123)
    Dale Millerの"G線上のアリア"から"Hey Jude"までの、もちろんラグタイムを含む全21曲。結構お買い得かもしれません。
  • "Guitar Music" Kicking Mule(KMCD-3906-2,KM-185)
    セゴビアからJoseph Spenceメドレーまで多彩な曲が目白押し。Tom Ballって名前は初めて知ったけど、うまさはなかなかのものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です