Video

Stefan Grossmanの主催するギターワークショップが編集したビデオを中心に紹介します。多くのブルースマンの貴重なビデオクリップも含まれており、これを見るだけでも十分価値があります。彼の教則本はポイントとなるポジションの写真が掲載されているもので、これでも大変参考になるものでしたが、指の動きまでは十分に分かりませんでした。 それに比べるとビデオでは右手と左手の動きを画面を分割して同時に見せてくれたりと、便利になったものです。

カントリー・ブルース・ギターシリーズ

このシリーズは様々なアーティストの曲をキー別に紹介しているものです。アーティスト達のビデオクリップも見物です。

  • カントリー・ブルース・ギター? Key C
    比較的簡単なオルタネート・ベースを使った曲から、Blind Blakeのベース奏法までをCのキーで解説しています。(リットーミュージック AM-001)
  • カントリー・ブルース・ギター? Key G&A
    Aのキーはブルースで多用されるキーです。Aのブルースでの様々なリック等が紹介されてます。(リットーミュージック AM-002)
  • カントリー・ブルース・ギター? Key D&E
    EはAとならんで、ブルースでは欠かすことのできないキーです。DはオープンチューニングやドロップトDで演奏されることが多いキーになります。(リットーミュージック AM-003)
  • カントリー・ブルース・ギター?
    ここではC,E,A,Dの各キーとドロップトDやオープンD,Gといったチューニングでの奏法を解説しています。(リットーミュージック AM-004)
  • カントリー・ブルース・ギター?
    初心者向きのトラディショナルなピッキングを解説しています。(リットーミュージック AM-006)

ギター・レジェンド・シリーズ

このシリーズには数多くのギタリストの演奏が収録されています。教則ではありませんが、非常に参考になるものです。

  • カントリー・ブルース・ギターの巨人たち
    Mance Lipscomb、Mississippi John Hurt、Sun House、Big Bill Bloonzy、Rev.Gary Davis等(リットーミュージック GL-001)
  • カントリー・ブルース・ギターの巨人たち Vol.2
    Bukka White、Big Joe Williams、Sun House、Rev.Gary Davis等(リットーミュージック ATVV-003)
  • トラディショナル・フィンガースタイル・ギターの巨人たち
    Merle Travis、Mance Lipscomb、Doc Watoson、Rev.Gary Davis等(リットーミュージック GL-004)

カントリー・ブルース&ラグタイム

様々なカントリーブルースやラグタイムの教則ビデオです。

  • カントリー・ブルース・ギター・ベスト・ソング・コレクション
    「フィンガー・ピッカーのためのレパートリー・レッスン」という副題がついている初心者向けのレッスンビデオです。(リットーミュージック AM-019)
  • アコースティック・ブルース・ギター
    Stefan Grossmanが様々なギタリストの奏法を取り入れて作った曲が紹介されます。それぞれのアプローチがわかる一本です。(リットーミュージック AM-017)
  • ラグライム・ブルース・ギター
    Blind Blake、Big Bill Bloonzy、Rev.Gary Davisの曲を取り上げて、解説しています。(リットーミュージック AM-018)
  • フォーク、ブルース&ラグタイム・ギター
    これはStefan Grossmanのビデオではなく、Dave Van Ronkによる教則ビデオです。中級者向き。(リットーミュージック AM-014)
  • ブルース・アップ・ザ・カントリー
    これは教則ビデオではありません。Rev.Gary DavisやFurry Luwis等のビデオクリップを集めたものです。Gary Davisの"Oh,Glory"は素晴らしい!(リットーミュージック ATVV-016)

その他の教則ビデオ

ここであげるビデオはコンテンポラリーなギターワークからジャズまで幅広いものです。上級者向けのものばかりです。

  • ホット・フィンガー・ピッキング・ギター・ソロ
    Stefan Grossmanのオリジナル曲の解説。(リットーミュージック AM-007)
  • モア・ホット・フィンガー・ピッキング・ギター・ソロ
    上記ビデオの続編。(リットーミュージック AM-016)
  • ギター・スタイル・オブ マール・トラヴィス
    多くのギタリストに影響を与えたMerle Travis奏法の解説。どのようなコードワークを使ったかがよく分かる。(リットーミュージック AM-010)
  • フィンガースタイル・ジャズ・ギター
    Duck Bakerのジャズギターシリーズの一本。(リットーミュージック AM-012)

パフォーマンスビデオ

  • マンス・リプスカム
    Mance Lipscombのスタジオライブです。観客や拍手はやらせ臭いのですが、彼のギターワークと歌だけに集中していれば気になりません。(リットーミュージック ATVV-004)
  • マール・トラビス
    このビデオはコンサートではなく、ビデオクリップを集めたものですが、彼の都会的なコードワークとテクニックを堪能できます。(TABギタースクール TAMT-00001)
  • ジョン・レンボーン&ステファン・グロスマン
    ジョイントコンサートの収録ビデオです。レンボーンがイフェクタを使っていたりします。(リットーミュージック ATVV-011)
  • ジョン・レンボーン
    英国の香り高い演奏が聴けます。Ry Cooderも演奏している"Great Dreams from Heaven"もボーカル入りで演奏されます。アプローチの違いも面白い。(リットーミュージック ATVV-008)
  • ドク&マール・ワトソン
    ドクと彼の息子のマールのコンサートビデオです。合間に彼やマールのインタビューが入っていて、マールがMississippi John Hurtに心酔していること等が語られます。(リットーミュージック ATVV-009)
  • エリック・クラプトン
    MTVのUnplugedシリーズのビデオです。素晴らしい!(ワーナー WPVP-9086)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です