生活の柄

高田渡の曲は、彼自身がミシシッピ・ジョン・ハートの信奉者だったこともあり、カントリーブルースの雰囲気を持っています。また、この唄の歌詞は私の大好きな貧乏詩人、山之口貘の詩が使われています(タイトルも同じ)。難しいところは特にないと思いますが、テンポを押さえめに弾くことが大切です。

TAB譜はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です