生活の柄

  • 2011年12月15日
  • Tune
  • 3view

高田渡の曲は、彼自身がミシシッピ・ジョン・ハートの信奉者だったこともあり、カントリーブルースの雰囲気を持っています。また、この唄の歌詞は私の大好きな貧乏詩人、山之口貘の詩が使われています(タイトルも同じ)。難しいところは特にないと思いますが、テンポを押さえめに弾くことが大切です。

TAB譜はこちら