新しい機材を購入しました #6

最近使い始めた弦について。

Crews EG-1500C用のガット弦をいろいろと試していましたが、これに落ち着きそうです。

savarez_500ar

1弦と2弦はナイロンではなく、釣り糸などに使われているフロロカーボンが採用されています。そのためかナイロン弦の柔らかさとは異なり、クリアな音質に変わります。低音はコラムと呼ばれる細めの巻き弦になっていて、テンションはそれほど高くはありませんが、素直な響きを持っていると思います。この弦にストッパーXを合わせて張っていますが、チューニングの狂いがなくなったように思います。


スチール弦は永らくElixirのLight(NANOWEB PhosphorBronze)を使っていました。エレキギターにはElixirのHeavyを張っていました。バンド時代はライブの回数が多かったためにElixirは重宝していました。バンドを離れてソロに戻ってからはそれほど弦の傷みもなくなってきたので、最近はClear Toneを使うようになってきました。

7412-Cover-Med

最初はこのライト弦を使っていましたが、細かなタッチを表現したい場合はカスタムライト弦を張っています。主に000にはライト、00にはカスタムライトという感じです。

CLEARTONE_7411

 

この写真ではエクストラライトとなっていますが、最近買ったケースにはカスタムライトと書かれています。

Elixirと較べるとコーティングが薄く長持ちしないかもしれませんが、商品名のとおりクリアで素直な音質ですので、これからはこの弦を使い分けていくことになると思います。

1件のコメントがあります。

  1. Pingback: Acoustic Guitar Homepage ! » 新しい機材を購入しました#9

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です