SEVILLA

  • 2019年12月1日
  • Goods
  • 17view

 ​MANUEL FERNÁNDEZに新しい弦(セヴィラ)を張りました。ボールエンドでコーティングというもので、エヴァリーブラザーズのフィル・エヴァリーが率いるエヴァリーミュージック社が開発した弦です。
 コピーに「特許製法EMPコーティングにより、コーティングされている事を感じさせない弾き心地と音色を実現」とあるように、プレーン弦もコーティングされているようですが、違和感はまったくなく、音量もかなり増したように思います。

 ボールエンドなのでそのまま張ることもできるのだろうと思いますが、いつものように「ストッパーX」を押さえに張っています。